職業病の肩こり・腰痛

肩こりや腰痛が、職業病などと言われる人々がいます。トラックの運転手さんやタクシーの運転手さんは、長時間の運転に加え、同じ体勢、同じ姿勢でいなくてはならないので、血流が悪くなり、さらに運転などの緊張感から、筋肉が強張ることによってさらに、血流が少なくなるなどと言われています。血流が少なくなってしまうと、筋肉に酸素が行き渡らなくなり、肩こりや腰痛などの原因になるなどと考えられています。トラックの運転手さんや、タクシーのドライバーさん以外でも、長時間デスクワークを行なっている事務職の方や、常に同じ姿勢を強いられている美容師さんなども、常に肩こりや腰痛などの痛みが課されているなどと言われています。職業病と言ってしまえば、肩こりや腰痛に耐えなくてはならないのは、仕方のないことなのかもしれませんが、極度の肩こりや腰痛は、仕事のパフォーマンスの質を下げてしまうとも言われています。適度なリラックスや、運動や、スレッチなどを行うことによって、血流を促し、肩や腰の凝りをほぐして、仕事のパフォーマンスを高めていきたいですね。もちろん週末の温泉などでリラックスしながら体を温めることも効果的です。

カテゴリー: BLOG