PMS(月経前症候群)

生理が近づくと、イライラしたり気分が落ち込んだりする精神的な不快症状と、乳房の張りと痛み、頭痛、むくみや倦怠感と言いった身体の不快症状を、「PMS(月経前症候群)」と言います。ホルモンの分泌を促すツボや、精神を安定させるツボを押して、辛い症状を緩和させましょう。今回ご紹介するのは「百会(ひゃくえ)」と「四神聡(ししんそう)」のツボです。共に自律神経を安定させるツボです。自律神経に働きかけ、心の安定を与えてくれます。まず百会は、左右の耳の上端を結んだ線の真ん中にあるツボです。眉の間の線上、頭の中心にあります。中指を立ててツボに当て、頭の中心に向かって身体の芯に抜けるようなイメージで押します。百会は万能のツボとも言えますが、めまい・たちくらみ・頭痛によく効くとされています。さて続いて「四神聡」のツボですが、情緒やホルモンを安定させ、心身症などにも効きます。場所は先ほどの百会を中心に、前後左右に指幅1本分離れた所にある4つのツボです。中指の腹をツボに当て、頭の中心に向かって押します。百会・四神聡双方ともに3~5回ずつ押すと良いでしょう。生理が始まる1週間ほど前からこれらの施術をする事で、症状は和らぐと思います。ぜひ実践してみてください。

カテゴリー: BLOG