「ヨガ」の3要素と目的

「ヨガ」の要素として多く語られているのは、「瞑想」「ポーズ(アナーサ)」「呼吸法」の3要素でもあります。

「瞑想」は、心のリセットとも言われ、大都市を中心に様々なサークルやレッスンなどを受講する人が多く、各メディアでも「メディケーション」などと呼ばれ各方面で話題を呼んでいました。

「ポーズ」とは、アナーサとも呼ばれ、「ヨガ」の独特なポジションを表しています。アナーサは、サンスクリット語では、「姿勢」を表すようですが、ヨガの各種ポーズを習得しながら姿勢を整え、身体の関節、内臓、筋肉になどを刺激しながら調子を整えていく働きがあるようです。

また、アナーサによって身体を鍛えることは、メンタルを整えることにもつながっていると考えられております。

「呼吸法」は、乱れがちな呼吸のリズムを整えることが目的とされ、深く長い呼吸を目指すことで心のバランスを維持する働きがあるそうです。

このような3要素を交えながら、自分自身の存在が宇宙と一体となるような感覚を見出していくことが「ヨガ」の本質的な目的でもあるようです。

         

ヨガは肩こりとの別れを告げる鍵!Gattless keyのTopへ